RE:ひまつぶし日記

最近ひまです。アニメやゲームのネタが多いです。

Top > スポンサー広告 > 『楽園追放 -Expelled form Paradise-』 感想 アニメ映画 > 『楽園追放 -Expelled form Paradise-』 感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『楽園追放 -Expelled form Paradise-』 感想

久々にアニメの感想が書きたくなったので,誠に勝手ながら帰って参りました管理人のoolong00です.
近況報告をしますと,このブログの更新は全くしていませんでしたが,アニメ,ゲームともにそこそこ楽しんでおりました.
ただ,以前のような『アニメの感想書きてぇええ!!!!』と思う気持ちが全くといっていいほど無くなっていました.
決してアニメ自体に飽きたという訳ではないのですが,大学生活4年間を通して結構な数の作品を見たことによって「アニメに擦れてしまった」のかもしれません.

それが久々に『おおおおおおお!?!??!』と僕の心動かすアニメが登場.
それが今回のお題『楽園追放』です.
僕のような「SF,ロボット,美少女」大好きアニオタを狙い撃ちしたかのような作品で,こりゃもう感想書くしかねぇって戻って参りました!


というわけで本題の楽園追放について.
あらすじ:
ナノハザードにより廃墟と化した地球。人類の98%は地上と自らの肉体を捨て、データとなって電脳世界「ディーヴァ」で暮らすようになっていた。
西暦2400年現在、その「ディーヴァ」が異変に晒されていた。「フロンティアセッター」と名乗る謎の存在による「ディーヴァ」へのハッキングを地上世界から受け、捜査官アンジェラは生身の身体・マテリアルボディを身にまとい地上世界へと降り立つ。
現地の地上捜査員ディンゴと共に、謎のハッカー「フロンティアセッター」と世界の謎に迫る。




というストーリーははっきり行って超,超,超コテコテの古典SFです.よく言えば「王道を往く」,悪く言えばありきたりなお話.僕はちょといざこざがあって劇場に入るのが遅くなってしまい,ヒロインのアンジェラが地球に降下するところから見始めたんですが,あまりに話が王道過ぎてまったく問題なく話についていけました.いやはっきり言うと,すぐに話の展開が想像できてしまい若干退屈でもありました.
ただこの作品に限っては敢えて言おう

「逆にそれがいい」

先ほども言いましたがこのアニメ「SF,美少女,ロボット」とコテコテのオタクアニメなんですが,これを聞いて何かを思い出さないだろうか….そう近年やたらと乱発されていたがっかり深夜アニメたちだ!
ギルティクラウン,ガンダムAGE,ヴァルヴレイヴ,ノブナガ,アルドノアゼロ,クロスアンジュなどなどなど

奇をてらい過ぎた展開にうんざりだよ!!!!

そりゃねロボットアニメっつったらもう日本じゃやりつくされてて,今さらやろうと思ったら奇抜な話にする必要があるのかもしれないけど,常識的に考えておかしな展開だったり,全力でネタアニメに自ら走ったりってそれじゃロボットアニメの名が泣くよ.
奇抜な展開にならないやつは逆にあまりに話が退屈過ぎて(戦闘が少ない,しょぼい)見てらんないってのも多くあったような気がします.
本来,ロボットアニメってのはなぁ…見ててワクワクするものだと思うのですよ!
決して,「なんだこの展開クソワロタwww」とか言いながら見るもんじゃないと思うんだよなぁ….そういう意味では最近のロボットアニメは急展開の連続で話題になった「コードギアス」に悪い形で影響を受け過ぎてると思います.

ストーリーにおいてこの楽園追放は決して優れているわけではないが,マイナスも付けない.その普通さ,プレーンさ,地に足の着いたそこそこ面白いSFテイストのストーリーが,最近のロボットアニメで荒んだ僕の心に沁みわたる.まるで白ご飯のようだぁ…そうこういうのでいいんだよこういうので.もちろん最近のSFアニメでも蒼き鋼のアルペジオとかシドニアの騎士とかは良かったけどね.

ん?なにかさっきと言ってることが矛盾してないか?「ロボットアニメはワクワクドキドキするものだ」といったのに,ストーリー(SF)が凡庸って何が見どころなのよ?

そりゃ全編CGで描かれる映像と大迫力の戦闘シーンよ

これがこの作品のすべてですよ.ストーリーはこれを引き立たせるためにわざと薄味にしているんじゃないのか.
全編戦闘シーンてんこ盛り!というわけではないのですが,最初の方とラストに凝縮されたロボットアクションシーンは圧巻の一言.劇場で「これは買うわ…」って思ったのはガンダムUC,エヴァ破以来ですかね.特にラストの大気圏での戦闘と廃墟の市街地での戦闘は,あの超絶作画戦闘で有名な「マクロス+」を彷彿とさせる気合いの入りよう.よくCGで描かれるロボット戦闘はケレンミが…とか言われますが,その常識を打ち破る出来です.それもそのはず,スタッフロールにCG演出アドバイザー「板野一郎」(マクロスの変態ミサイル機動とかやってた人)の名が.もうこれ見た瞬間吹きださずにはいられませんでしたwww
話が少しそれますが,今期深夜にやってるアニメに「SHIROBAKO」というアニメ製作会社を題材にしたものがあるんですよね.そこでCGと作画の対立でもめるという話があるのですが,そこに登場したのがかつて名をはせたアニメーターで現在はCGアニメのアドバイザーをしているという「北野三郎」.アニメーションのテクニックをCGアニメーターに伝授しているそうな.

kitano.jpg

そのまんまじゃねぇかwwwww
そして出来た映像がこれである↓↓↓



いやーあまりにも時期がぴったりなネタで爆笑しましたね.そらこの人が監修してたら高速宇宙戦闘はマクロスっぽくなるし,ミサイルもうねうねするわ(あとエウレカセブンの監督が演出してるしね).そういやSHIROBAKOに出てくる監督の見た目のモデルはこの楽園追放の監督と水島精二監督(ハガレン,ガンダムOOなど)でしたねw
おっと,話がそれましたが,戦闘の迫力はいくら文字で書いたところで伝わりませんので是非劇場で見てください.

で,最近蒼き鋼のアルペジオやシドニアの騎士で流行りのCGアニメなんですが,もちろんロボット戦闘は大の得意分野のようなのですが,ネックなのが日常描写やアニメキャラクターなんですよね.
それはこの楽園追放においても例外ではありませんでした.正直言ってまだまだキャラクターの日常芝居シーンに違和感ありありでしたね.キャラクターのCGモデル自体はかなり2Dアニメの雰囲気に近づいているのですが,如何せん動きが…….アニメにしては逆に動き過ぎて(滑らか過ぎて)違和感ある部分が多いです.あとキャラクターのあごのラインが気になる.これあラブライブのダンスCGモデルでも気になってたんですが,ホントに気になりだすと気持ち悪い…ここを攻略する方法を早く発見してほしいものです.
ただ顔の表情はなかなかこだわっているようでところどころ「おお!?」と思うシーンがありました.特に戦闘シーンの叫ぶところね.エヴァのアスカじゃんってのは内緒.

アスカじゃん2
アスカじゃん…
いやーここホントすごいね.一番印象的だったわ

あと何が性質が悪いって,ストーリー中盤の日常(キャラクタードラマ)のシーンがかなり長い.敢えて自分から修羅の道を往くのか…(困惑).先ほどのストーリーの話に少し戻りますが,中盤はけっこうキャラクターベースでだらだらと話が展開するため,結構しんどかったです.しかし,ここには意外な楽しみが!狙っているのかどうかは知りませんが,この退屈な中盤の画面をなんとか持ちこたえさせるアンジェラちゃん(16歳くぎゅう)with 謎のエロスーツ
アンジェラ

いやー僕ね,最初この作品のポスター見た時,正直げんなりしたんですよね….「またか」って.僕はエロスーツ反対派なんですよね…だって実用性ゼロじゃん….なんで超絶負荷のかかるロボットのパイロットスーツがこんなぴちぴちのスケスケのエロエロなんだよ….まして今回は荒廃した地球への調査員として派遣されるのにハイレグハイヒール露出MAXなこのコスチュームは無いだろ…しかも肉体年齢16歳でこのエロボディ…現地人にレイプされてしまいますわ…

…って思ってました,見るまでは

理屈じゃないんだよ理屈じゃ!!!!!


いやーいい!実にエロい!!!退屈な中盤もアンジェラちゃんに釘付けですね…しかもやたらとおっぱいを揺らしてくる!
隙あらば揺らしてくる!!!!
しかもそれがなかなか自然で下品じゃないんですよね.今期のアニメで超絶下品なクロスアンジュとか視聴者の期待を裏切りまくるブリリアントパークに見せてやりたいですね…
ああ~いっすね~戦闘シーンといい美少女といい金払って見に来た視聴者を裏切らないスタッフ,実に有能!!!
あとアンジェラにくぎゅを採用したのも最高やな!!!


そういうわけでまとめると「SF,ロボット,美少女」それぞれについてなかなか満足させてくれた楽園追放なわけです.こちらが期待していたものを全力で「ドヤ?」と見せてくれるその姿勢に感服です.
え?お前,映像とかエロとかばっか語って中身何も語ってないじゃないかって?地球崩壊して残されたユートピアが実はディストピアで自由とは何かだとか,土人の世界で新たな価値観を得ていくとか,調査しに行ったら自己進化したAIでそれが人間より人間らしかったとか,もういくらなんでもやり過ぎてて敢えて語るまでもないんだよ!!!
そういう意味では,今回の話は冒険の序章でぜひぜひオリジナリティある続編が見たいものです.アンジェラとディンゴ共にキャラクターとしてすごく魅力的で100分の映画で大好きになれるので,彼女らの活躍をもっともっと見たいですね(あとエロスーツとロボット戦闘).
TVアニメでは不可能でしょうからOVAとかでいくつか続編作ってほしい!
この映画一本で終わらせるには実に惜しいと思います.
僕に出来ることといえばブルーレイを買って応援することぐらいですかね(ダイレクトマーケティング)


楽園追放 Expelled from Paradise【完全生産限定版】 [Blu-ray]楽園追放 Expelled from Paradise【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2014/12/10)
釘宮理恵、三木眞一郎 他

商品詳細を見る

あー久々にアニメ感想書いて疲れた,やっぱ僕の感想って具体性無くて感覚的でクソだわ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

AOI

Author:AOI
アニメや映画好きの日記帳

当ブログはコメント・トラックバック・リンクフリーです。
相互リンクはこの記事にてお知らせください。
もし気に入った(気に食わなかった)記事があればコメント頂けるとたいへん嬉しいです。
お気軽にどうぞ。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
お知らせ
ブログに関するお知らせ:

プラグインの表示がバグってます
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。